更新日 2024年2月11日



「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのもとに来なさい。

私があなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。

そうすればたましいに安らぎが来ます。

わたしのくびきは負いやすくわたしの荷は軽いからです。」

                    イエス・キリスト(マタイの福音書11章28〜30節)


私たちが色々なことで落ち込んだり、時には自分を卑下したり、この世の中での様々な生活で悪戦苦闘する人間であっても、神は、「あなたは高価で尊い」と最大限に受容してくださいます。


聖書の中に、人生にとって本当に価値ある、かけがえのない、宝物が隠されています。

聖書の言葉には、人生の意義をはっきりと示し、心の内面にある最も大きな問題をも、解決へと導く力と権威があります。

「お互いが愛し合いなさい」というキリストの命令を受けて、教会に集う人達は、一色に同化しようとせず、各々の違いを喜び合い、お互い比較せず、一人一人のびのびと生きています。 

イエスキリストの福音は、時代や地域を超えて、あらゆる人びとによき訪れの言葉となっています。